水炊きには白菜?キャベツ?

福岡出張に行くたびに思いますが、どこに行っても食べ物が美味しくて安い!

焼肉屋は全国どこも変わらないと思っていましたが、福岡で食べる焼肉は同じ金額でも圧倒的に美味しく感じます。

そんな福岡の食で驚いたのが、水炊きにキャベツが入っていることでした。

私の記憶では、水炊きには白菜だったのですが…

福岡の人からすればキャベツが当たり前なので、逆に「白菜」に驚かれて完全にアウェー状態でした。

ウィキペディアで調べてわかりましたが、福岡(九州)はキャベツで、関西は白菜だそうです。

水たき料亭 博多華味鳥

今回食べに行ったのは、博多駅の近くにある「水たき料亭 博多華味鳥」というお店。

後で知ったことですが、「華味鳥」はお店の名前でもあり鶏のブランド名でもあるそうです。

あっ、そうそう、キャベツ以外にも「出汁」も違っていたんですよ!

昆布ダシが当たり前だと思っていたのですが、福岡の水炊きは鶏がら白濁スープでした。

そもそも我が家の水炊きは豚肉だったような気がしますが、ウィキペディアによると「関西では鶏肉以外に豚肉なども使われ」だそうです。

同じ水炊きでも、地域でこんなにも違うもんなんですね…

博多華味鳥で水炊きを頼むと、ほとんどを店員さんが調理してくれます…というか、よそってくれました(笑)

まぁ出汁というかスープというか、その段階でとにかく美味しい。

そこに骨付きぶつ切りの他にもハツ、レバー、つみれと鶏肉三昧に、大量の野菜にはもちろんキャベツがあります。

ポン酢につけるのは同じで安心しましたが、スープの甘味とキャベツの甘味とポン酢の酸味がめちゃくちゃ美味しい!

というか、そもそもポン酢も特製だから当たり前だけど(笑)

今回調べて知りましたが、大都市にはチェーン店があるんですね…

私のとこにはありませんが、福岡に足を運んだときには是非ともおすすめです。

【水炊き料亭 博多 華味鳥】博多の水炊きをお取り寄せ