ポケモンGOが爆発的にヒットしたおかげで、モバイルバッテリーもバカ売れするという現象が起こりました。

ここ最近、管理人もモバイルバッテリーの販売でドタバタとしていたのはリアルの話です(笑)

安いモバイルバッテリーは使えない

近くのヤマダ電機などでは、モバイルバッテリーが売り切れになる時期もありました。そして、売り切れになるのは低価格のモバイルバッテリー。

モバイルバッテリーの容量が同じなら、安い方を買うのがお得だと考えますよね。管理人も今回の件で、2000円と4000円のモバイルバッテリーを購入してみました。

結果から言うと、2000円のモバイルバッテリーは捨てました。4000円のモバイルバッテリーは友達にあげました。

2000円のモバイルバッテリーは、あっという間に充電しなくなってポイ。4000円のモバイルバッテリーは「スマホ4回フル充電」とか書いてあったのに、2.5回くらいしかフル充電できませんでした。

仕方がないので、3つ目はそこそこ高価なモバイルバッテリーを購入しました。

7000円で10000mAhモバイルバッテリーですが、とりあえず今のところは何の問題もなくスマホのフル充電4回できます。

最初に購入した2台分の6000円があれば、ポケモンGOに課金してかなりのアイテムが買えたのに...とか今さらながら後悔しています(泣)

急速充電はバッテリーを劣化させる

モバイルバッテリーの購入で失敗したのでネットで色々と調べていたのですが、急速充電はバッテリーを劣化させる恐れがあるようです。

通常のスマホは1Aで充電しますが、急速充電は1A以上で充電することで充電時間を短縮することができます。

モバイルバッテリーの急速充電は2.1A~2.4A(MAX)出力の表記がありますが、実際にはスマホ各機種の限界値までしか充電されません。

例えば、iPhone6は1.4Aくらいまで急速充電できるようなので、それに近いくらいで急速充電していると思われます。

1A充電を推奨しているわけですから、それだけ高い電流値で充電すると負荷がかかります。当然ながら、バッテリーの寿命を縮める可能性が出てくることになります。

モバイルバッテリーの機種によっては、バッテリーの負荷を軽減するために限界値の80%まで落として急速充電するものもあるようです。

なるべくならば、通常の充電速度で充電するようにしましょう。

モバイルバッテリーの在庫処分

聞いた話なのでなんとも言えませんが、在庫処分で格安になっているモバイルバッテリーもあるようです。

古いタイプ?のモバイルバッテリーは、格安販売して在庫処分していると某店員さんが言っていました(笑)