柿タンニンは防臭作用が高い

若い時には気になりませんでしたが、時の流れと共に気になり始めたのが体臭です。外回りでの顧客先訪問とかなれば、とにかく汗のニオイが気になって仕方ありませんでした。

そもそも自分の放つニオイというのは分かりにくく、周りの人がそれを感じているのが普通です。女性は必然的に意識していますので、男性は先ずは意識することから始めなければなりません。

どちらにしても、男女ともにニオイ対策は必要です。一時的なデオドラントスプレーは基本ですが、何よりも根源を断つことがとても重要です。

どのくらいの歴史があるのかは知りませんが、防臭として「柿渋」というのはよく耳にしていました。調べたところ、柿タンニンという成分が防臭作用が高いようです。

そしてこれらの成分が配合されている石鹸は、「柿渋石鹸」として知られるようになりました。一昔前は石鹸やシャンプーしか使っていませんでしたが、歯磨き粉や入浴剤などのラインナップも登場しています。

  1. 加齢臭がすると言われた
  2. 汗をかくと嫌なニオイがするようになった
  3. 枕や衣服からニオイを感じる

この様な事が1つでも当てはまるなら、それはもう「柿タンニン」を試してみたほうが良いかもしれません。自分のニオイはわかりにくいので、どうせなら当てはまる前に予防するのがベストなんですけどね…

少しでも気になった人は、こちらをご覧になってみてください。

「柿のさち」シリーズ

どのくらいあるのか知りませんが、色んなメーカーが柿渋石鹸を販売しています。本当なら各社比較した方が良いのでしょうが、いまさら「柿のさち」以外に手を出す予定はありません。

というのも、石鹸以外に気に入っている「足用泡ソープ」があるからです。”蚊に刺されやすい人の共通点は足のニオイ”というのをテレビで見たので、それから購入するようになりました。もちろん公式サイトにはそんなことは一言も書いていませんので、蚊に効果は無いかもしれません(笑)

だとしても、仕事上では足のニオイ予防として必要です。顧客先に上がり込むこともあるので、スリッパに履き替える時の足のニオイが危険ですからね。”蚊”云々が無くても、私には「足用泡ソープ」が必要なんです!

本当は「足用泡ソープ」だけで記事を書きたいくらいなんですが、さすがにそれだけだと文字数が少ないので「柿のさち」シリーズ全般で紹介してみました。そのくらい「足用泡ソープ」がお気に入りです(しつこい?)

お気に入りついでに、冬場に限っては入浴剤も使っています。保湿系の入浴剤であればどれでも良いのですが、とりあえず相乗効果的に「柿渋入浴料」を購入しています。

他のシャンプー、コンディショナー、薬用柿渋ハミガキなども併用すれば、全身のニオイ予防になると思われます。かなり割高にはなりますが、何といってもニオイですからね…お金でどうにかなるなら時には必要かもしれませんね?