一括見積りサービス

いきなりの本題ですが、ホームページ制作の相場はご存知ですか?

10万?50万?100万?言うだけなら簡単な数字かもしれませんが、実際の経営からすればそれ相応の出費になるのはおわかりでしょうか。ホームページ制作を依頼するときもきちんと精査して、費用対効果を出してくれる制作会社を選ばなければなりません。

そんな時にオススメなのが、一括見積りサービスです。保険の一括見積りはよく耳にしますが、ホームページ制作の一括見積もりは時代の流れとも言えるでしょう。

優良業者を厳選して無料でご紹介。【ホームページ制作.jp】

ここの特徴としては、以下の通りです。

  • 無料で利用できる
  • フォームに入力後にヒアリングがあり、条件に合う制作会社を4~6社程度選定してくれる
  • 直接の見積もりではないので断りやすい
  • ホームページ制作.jpの担当者に無料で相談できる

実際の話、ホームページというのはピンキリです。お金をかけるほど効果は出ますが、費用対効果というのは制作会社の力量だと思います。

その力量を見極めるのは依頼する側なのですが、そんなに簡単なことではありません。このようなサービスを使うことで、ある程度はふるいにかけることが出来ます。

後は見積もりを精査して担当者に相談しつつ、より良いホームページを作ってもらうように頑張ってください。形の無いものにお金を出すのですから、冷静に見極めることが大事です。

相場はあってないようなもの

補足説明というわけではありませんが、ホームページ制作の相場についてお話したいと思います。

まずはホームページの維持費については、サーバー、ドメイン、オプションの費用だけです。サーバーとドメイン代だけなら年間2~3万円なので、オプション次第で費用が増します。オプションというのは、セキュリティ強化のための費用だと思ってください。

初月分が見積もりに合算されますが、維持費というのは完成後の費用ということになります。ホームページ制作費のほんの一部でしかありません。

ということは、ホームページ制作が高額になる理由は他にあります。皆さんもおわかりだと思いますが、人件費と技術料がほとんどです。人数、時間(工数)、技術面が関わってくるので、制作会社側の規模によるところがあります。

ホームページ制作に携わる私が言うのもなんですが、仮に30万円の見積もりでも完成度はピンキリです。A社もB社も同じ30万円だったとしても、B社の完成度は50万円レベルだったなんてこともあります。極端な例で言えば、30万円のホームページでさえも1000万円の価値を生み出すことも稀にあります。

ホームページ制作の相場なんてものがネット上に出回っていますが、それはテンプレート主体の名刺みたいなものです。ビジネス戦略としてのホームページとして活用するのであれば、ホームページ制作の相場はあってないようなものだと考えます。

依頼する側もそれなりの知識を持って、支払った対価に見合うようなホームページを制作してもらうことが大事です。決して値切ることが大事ではなく、お互いに協力しあえるような制作会社を探すことが大事です。

優良業者を厳選して無料でご紹介。【ホームページ制作.jp】