おっさん的には「男性服」ですが、ネット上では「メンズファッション」と横文字的なところがちょっとあれです。

「ダサい、痛い、勘違い」が何のことかと思ったら、コーディネートがどうのこうのという始末。

この気持ちは理解できないと思いますが、彼らは洋服を身に付ければOKなんです!

困るのは自分ではない!

「彼ら」と表現しましたが、私自身がそうでした。

そもそもセンスというのは人それぞれですし、本人に「センスが無い」「センスが悪い」という認識はありません。

下手すると私の様に、「服なんて着られればどれも同じ」という人も大勢(?)います。

そんな私も重大な事に気付いて、それからはファッションに気をつかうようにしています。

その重大な事とは、ダサダサのコーディネートをした彼と一緒に歩かなければならない奥さんや彼女の心の内です!

彼自身(私)は周りにどう思われても気にしませんが、彼女(妻)はまさに見世物のような雰囲気を味わっていたことでしょう。

本人は「周りは気にしてない」とか「誰も見てないから大丈夫」などど主張しますが、ダサい男が街を歩けば話のネタとして注目を浴びるのは確定事項です。

もちろん矛先は彼だけでなく、そんな彼を選んだ彼女にも向くことになります。

そんな現実を踏まえるならば、ファッションというのは『マナー』や『気遣い』として捉えるべきなんです。

選ぶのではなく選んでもらう

メンズファッションを大袈裟に表現してしまいましたが、何だかんだとファッションについては皆さんが興味を持っています。

ネット上にメンズファッションやコーディネートに関する記事が星の数ほどあがっているのは、それだけ世の中の男性が情報を欲している証拠だとも言えます。

そしてそんなネット社会においては、自分のセンスに任せるという選択肢すら不用になりました。

自分で選ばなくても、スタイリストさんがあなたの洋服を選んでくれるという芸能人並みの待遇を受けることができます。

男性専用!あなたに似合うコーディネートを無料でご提案!【BEST STYLE ME DIRECT】

仕組みはとてもシンプルで、担当のスタイリストさんが服を選んでくれます。

品数(アイテム数)に合わせて金額が決まっているので、無駄買いすることもなく返品すら可能です。

あまり大声では言えませんが、センスの欠片すら無いあなた(私も含めて)が選ぶよりも、担当スタイリストさんが選んでくれた方が世の中のためです。

今までセンスのなかった彼氏が突然かっこいい服装で現れたとしたら…あなたの彼女の驚く表情を想像してみてください。