ついにAppleさんが新作のiPhoneを発表しました。

iPhone X /iPhone 8 /iPhone 8 Plusの3機種となったわけですが、『X』は「エックス」でなくて「テン」なので注意して下さい(笑)

iPhone Xの顔認証やフル画面も気になるところなのですが、とりあえず今回はモバイルバッテリーについて触れてみたいと思います。

新型iPhoneはUSB PDかな?

既に公式サイトにも発表されていますが、こちらが充電の仕様に関する部分です。

ワイヤレス充電!と感動しているかもしれませんが、とりあえず置いといてください。

注目するのは、「高速充電に対応:30分で最大50%充電」という部分です。

画像だと見えにくいかもしれませんが、注意書き「9」がありますので抜粋します。

iPhone 8、iPhone 8 Plusの試作ハードウェアとソフトウェア、Apple USB-C電源アダプタ(29WモデルA1540、61WモデルA1718、87WモデルA1719)アクセサリを使用し、2017年8月にAppleが実施したテスト結果によります。高速充電のテストは、バッテリーを完全に消費したiPhoneハードウェアを使って実施しました。充電時間は環境条件によって変わり、実際の結果は異なる場合があります。

ちょっと専門的な部分もありますので、可能な限り簡単に説明致します。

iPhone側の差込口は、従来通りLightningコネクタになっています。

今回変わるのは、反対側(アダプター側)のコネクタです。

従来のUSBコネクタではなく、Type-Cコネクタを使うことになります。


従来のコネクタ

Type-Cコネクタ

最近の急速充電で採用されているType-Cコネクタですが、Type-Cにも電圧電流の規格がいくつかあります。

一番最初のType-Cは5V×1.5A=7.5Wでしたが、新Macbookで5V×3A=15Wが採用されました。

そしてそんなに時間もかからないうちに、最近のスマホで採用されているような100W仕様のPD(Power Delivery)という規格が登場しています。

ちなみに、PDは以下の5段階に変化するようになっています。

  1. 5V×3A(max)=15W
  2. 9V×3A(max)=27W
  3. 15V×3A(max)=45W
  4. 20V×3A(max)=60W
  5. 20V×5A(max)=100W

ご覧の通り、電圧が5V~20Vまで上がることによって充電スピードが上がります。

今回のiPhone3機種は29W、61W、87Wのアダプターで試験されているので、おそらくPDではないかと推測されます。

ついでに言うと、皆さんが目にする急速充電は5V/2.4or2.1A=10.5W~12Wです。

今回の新型iPhone3機種は87Wまでいけそうなので、「急速充電」ではなく「高速充電」と表記しているのでしょうね。

PD対応モバイルバッテリーはどれ?

さてここからが本題です。

新型iPhone3機種がPDだと推測できたので、PD対応モバイルバッテリーの需要が増えると思います。

モバイルバッテリーで有名なAnkerさんやRAVPowerさんは、既にPD対応のモバイルバッテリーを販売しています。

間違いなく売れるでしょうね...

ただ個人的に気になるのが、PDはまだまだ確立していないという点です。

AnkerさんのPD対応モバイルバッテリーは、「MacBook Pro、Samsung W700、Lumia 950へはフルスピードでの充電ができません。」という注意書きがあります。

RAVPowerさんのPD対応モバイルバッテリーも、機種によっては性能を発揮出来ていないというレビューが見受けられます。

先に言っておきますが、これはPD対応モバイルバッテリーが悪いとは限りません。

レビューの中には、PD対応ケーブルを使ってない人もいてビックリします。

PD対応ケーブルじゃないと保護機能が働きますし、粗悪品ケーブルはPDに対応しないので注意して下さいね。

※粗悪品ケーブルは、5V/0.5A以下しか流れないようになっています。

そしてもう一点、先程も言いましたが、PDがきちんと確立していないというのがあります。

初期不良は除くとして、モバイルバッテリー側はきちんとPD規格として出力をします。

しかし、充電される側のPDと相性が合わない場合があります。

そうするとモバイルバッテリー側で保護機能が働きますので、高速充電(PD)ではなく急速充電(5V/2.4Aくらい)もしくは通常充電(5V/1A)の出力に切り替わります。

高速充電されなかったというのは、ケーブル問題かPD相性のどちらかが原因と考えられています。

ということで、PD対応モバイルバッテリーの選定は、iphoneのPD規格と相性が合うかどうかが焦点となります。

新型iPhone発売前なので誰も検証出来ていませんが、そのうち誰かがやってくれると思います。

iPhone本体11万円が無駄になる可能性もあるので、私は怖くて出来ませんけどね(笑)

高速充電対応モバイルバッテリーは、しばらく様子見してた方がいいかもしれません。