iPhoneにはType-C/USB-C to Lightningケーブル

iPhone8・X以降から高速充電のPDが採用され、以前に比べて格段に充電スピードが早くなりました。PDとはPower Delievry(パワーデリバリー)の略ですが、とりあえず最新最速の充電規格だと覚えておいてください。

最近では多くのスマホやタブレット、パソコンにも採用されており、PDそのものはかなり普及しつつあります。そしてPDと同時に普及されているのが、Type-C(USB-C)というコネクタです。

私も使っているAnkerさんのType-c to Type-cケーブルです。

Anker USB-C & USB-C Thunderbolt 3 ケーブル (50cm) 【PD対応 超高速 40Gbps 100W出力 USB2.0 / 3.0 / 3.1 対応】

新品価格
¥2,999から
(2019/1/25 09:36時点)

比較的に安いケーブルなのでお気に入りなんですが、これがまたiPhoneXには使えません。皆さんもご存知ですが、スマホ側の差込口は従来のLightningコネクタのまんまなんですよね!

なので、iPhoneでPD充電するためにはこちらのケーブルが必要になります。形状的に言えばType-C/USB-C to Lightning的なケーブルで、こちらは純正品になります。

Apple Lightning USB-Cケーブル 2m/MKQ42AM/A

新品価格
¥3,913から
(2019/1/25 09:22時点)

非純正品は要注意

過去の経緯からわかる通り、iPhoneの純正品ケーブルは高価な上に壊れやすいというのが特徴です。

そこに目をつけた(中華系)メーカーが、価格の安い非純正品のケーブルを販売してきた経緯があります。非純正だからといって使えないわけでもなく、私も今まで大変お世話になってきました。ただし、当たり外れが多くて失敗することも多々ありましたよね。

もちろんですがiPhone8・X以降も、Type-C/USB-C to Lightningケーブルの非純正品ケーブルが出回るようになりました。これアマゾンチョイスなんですが、よくチョイスしたな~って感じです。

【2本セット】Nimaso Type-C/USB-C to Lightning 変換/充電ケーブル【1m 1m】【互換性充電機能付き】iPhone X/XS/XS MAX/XR / 8 / 8 Plus &iPad

新品価格
¥1,099から
(2019/1/25 17:48時点)

まあ...確かに...PD対応とは書いていませんが、それって意味ないじゃんって感じですね。単なる急速充電用のケーブルなので、PD充電を期待して購入しないようにしてください(笑)

こんな感じで非純正品にも当たり外れがあるのですが、皆さんは「このアクセサリは使用できない可能性があります」というのを経験したことがありますか?非純正品ケーブルによっては、突然このような現象が起こることがあります。一番多いのがアップデート後なので、たぶんそんな対策してるのかな?

そこら辺の仕組みはわかりませんが、アップデートの度にケーブルが使えなくなるのは困りますよね。そこで登場したのが、MFi認証という合格証です。

MFiとは、Made for iPhone/iPad/iPodの略称ですが、簡単にいうと「Apple認定品」みたいな感じです。Appleが定めた基準に準ずる製品なので、アップデートしても使えるかもよという製品のことです。※公式もMFiが絶対とは謳っていないので、念のために『かも』としておきます。

そしてこのMFi認証は、Type-C/USB-C to Lightningケーブルにも適用されることになります。皆さんも覚えておいてほしいのですが、非純正品を選ぶときにはMFi認証が1つの目安になります!

とはいっても、(現時点で)非純正品でMFi認証のType-C/USB-C to Lightningケーブルはありませんけどね。

ということでやっと本題になりますが、2019年・3月より、AnkerからMFi認証のUSB-C – Lightningケーブルが発売されます。もしType-C/USB-C to Lightningケーブルの非純正品の購入を考えている人がいたら、とりあえず3月まで待待つことをオススメします。

長々と書いてしまいましたが、”MFi認証”というのは覚えていってくださいね。