壁などにピタッと貼り付けることができるスマホケースとして、WAYLLY(ウェイリー)がSNSなどで話題になっています。

ヒルナンデス、スッキリ、ズームインサタデー、みんなのニュースでも紹介されていて、数多くの芸能人や有名人が愛用しています。

私も実際に使っているので、ウェイリーの良い点と悪い点について書きたいと思います。

WAYLLY(ウェイリー)とは?


WAYLLY(ウェイリー)の裏面には、新素材ナノサクションという極小の吸盤で出来たシートがあります。

平面な滑らかな素材に押し当てることで真空状態となり、スマホケースその物が貼り付くという仕組みになっています。

画像は壁に貼り付けた時の様子ですが、100均に売っている壁紙シートでもしっかりと貼りついています。

充電しながら4時間くらい貼り付けていましたが、あまりにも落ちる気配がないのでウェイリーを剥がしました(笑)

このギミックが本当に素晴らしい!

魔法のように壁にピタッと貼り付くスマホケースですが、厳密に言うと『iPhoneケース』なんです。

つまりはiPhone専用であって、Androidスマホには対応していません!

Androidユーザーにとっては、これもウェイリーの悪い点でしょう。

ヒルナンデスで紹介された次世代ケース【WAYLLY】

ゴミが付着しやすい


裏面のナノサクションですが、ゴミとかホコリも付着しやすくなっています。

人それぞれですが、もしかするとウェイリーの悪い点かなと思っています。

ポケットやカバンにそのまま入れていると、だんだんと汚れが目立ってきて吸着力が弱くなっているのを実感できます。

なるべく裏面を汚さないようにするため、ウェイリーでもオプションを用意しています。

別売りのオプションを購入すれば汚れ付着防止にもなりますし、手帳型ケースになったり、バンカーリングとかカード収納なども装着できます。

※オプションの詳細については公式サイトで確認ください。

念のため言っておきますが、オプションは汚れ付着防止で完全にシャットアウトするわけではありません。

公式サイトの説明には「接着面は、濡れ布巾や、おしぼりのようなもので軽く拭いてあげたり、軽く水で洗流すことで粘着力は復活します。」と書いてあります。

試しに布系で拭いてみましたが繊維が付着するので、水で洗い流して自然乾燥するのがベストだと思います。

テーブルに貼りつく

吸着力が弱くなるという話の後にあれなんですが、テーブルなどに置いておくとガッチリ貼りつきます。

ある意味、これもウェイリーの悪い点です。

油断してこの事を忘れていると、スマホを持ち上げようとしても剥がれませんので注意してください。

応接室にはガラステーブルがあったりするので、冗談抜きで気を付けないと出されたコーヒーをこぼしますよ!

商談中とかだったらシャレにならないので、ビジネスマンは気を付けるようにしてください。

オプションを装着していなければ、画面を下向きにして置くように心掛けましょう。

ちなみになんですが、「ごめん、ちょっとスマホ取って」と頼んで「えっ、取れんやん!」というドッキリをやってみたいです(笑)

屋外での貼り付けに注意

屋外でウェイリーを貼りつけるときに、看板や窓ガラスを使うことがあると思います。

撮影に夢中になると気付かないかもしれませんが、看板やガラス面には砂埃などがかなり付着しています。

そのまま貼り付けてしまうと、ウェイリーの裏面が汚れてしまって吸着力が極端に弱くなります。

屋外でウェイリーを貼りつける場合、なるべく看板や窓ガラスの汚れを落としてからにしましょう。

これはウェイリーの悪い点と言うよりも、単なる注意事項だったかな?

ハンズフリー

ウェイリーを使ってみて本当に良かったと思うのがこれです。

スマホを手に持たなくてすむという、つまりは「ハンズフリー」というやつですね。

壁の下側にウェイリーを貼りつければ、寝転がって動画を観るときにめちゃくちゃ便利です。

私はやりませんが、スマホでの生配信や動画撮影でも壁にピタッと貼り付けるのは便利じゃありませんか?

公式サイトにあるように、台所でのレシピ確認とかフォーム確認といった使い方も便利そうですね。

これは間違いなく、ウェイリーの良い点でしょう。

落ちて破損した場合は?

とりあえず公式サイトに書いてあることを確認しておきましょう。

Q.もしも、携帯電話が落ちて破損した場合は、責任を取ってもらえますか?
A.そちらに関しては、対応保証外となっておりますので、ご理解の程よろしくお願い致します。

Amazon販売分に関しては、タイトルに「耐衝撃」とか「米軍MIL衝撃吸収規格」というのがあります。

ニュース記事では、「落下の衝撃には対応していない」とも書いてあります。

いったいどっちなんだという感じですが、襖に貼りつくか実験してたら1m50cmの高さからフローリングに落ちました。

運が良かっただけかもしれませんが、1回くらいならどうにかなるかもしれません。

ウェイリーの耐久性がわからないのが悪い点です。

ウェイリーが売ってない

ちょっと番外編?

公式サイトにリアル店舗でも販売されていると書いてありますが、近所のイオン内のヴィレバンにはウェイリーがありませんでした。

同じイオン内のグローバルセレクションにはウェイリーがありましたが、デザインが少なくてオプションがありませんでした。

店舗によってウェイリーが売ってない場合もありますので、ネットで購入するのが一番良いかもしれません。

ヒルナンデスで紹介された次世代ケース【WAYLLY】